【フリー雀荘 779店舗目】麻雀広場ゆーとぴあ 水戸

フリー
今回からは大型遠征のスタートです。
 
最終的には
 
水戸→いわき→仙台→八戸→函館→千歳→札幌→帯広→釧路→三重→名古屋
 
と巡ることになりました。
 
その初日である水戸
 
水戸というと駅前のパンダという雀荘が有名ですが、最近になりあたらしく麻雀王国で1位を獲得するお店が出てきました。
 
というわけで今回の目的地は
 
麻雀広場ゆーとぴあ   茨城県の水戸
 
です。
 
駅からはかなりの距離があり、ちょっと時間もなかったのでタクシーを利用しました。
 
ちなみに水戸駅からはタクシーで1400円でした。
 
こちらです。
 

 

 

 

 

 
月曜日の16時
 
店内は非常に広くて綺麗でした。
 
スタッフは3人体制のようで、フリーが丸で1卓でラス半待ちということです。
 
早速ルール説明を受けました。
 
・1.0-1000-2000
・ゲーム代600
・トップ賞300
・テンパイ連荘
・赤は各5に1枚ずつ
・鳴き祝儀300
・オールスターは1500
・本場1500
・箱下精算あり
・55000点コールド
・チョンボは3000オール
 
新規は5ゲームまでゲーム代半額というサービスがあります。
 
ソフトピンの部類に入ると思います。
 
こちらがルール表
 

 
チップ精算でした。
 

 
しかしここからが長かった。
 
ラス半が入らないのでボーッとまわりをみてたんですが、今立っている卓がかなりまわりが遅くて、自分が到着してから30分くらい経って東場が終了。
 
これ、普通に次のゲームでラス半入ってもいまから2時間近く待つんじゃないか?となった。
 
スタッフさんは入れ換えの時間と重なっていて、5人から6人がわさわさしてた。
 
一時間立っても卓は立たない。
 
メンスリーでは卓を立てない主義なのか、入れ替え時間だから卓を立てられないのか。
 
そして到着から一時間以上経ってからお客さんが一人来店。
 
遂に卓をメンツーで立ててもらえることになりました。
 
周囲のお客さんからは自分がよほど不憫に見えたのか、「あんなに待たせちゃ可愛そうだよー」というフォローの声があがってました(笑)
 
というわけで、1ゲーム勝負ですということになりました。
 
プロだという女性スタッフさんと同卓したのですが、東2局。自分もテンパイしているところにリーチが入る。
 
12223m  55s
 
の形から2mをパッツモされた瞬間に
 
「あっ、これ今日あかん日やわ」
 
と思いました。
 
しっかり結局ラスで
 
4着
マイナス5900
 
(^^;
 
沢山まった後のゲームっていつもラスってる気がするんだよなー(^^;
 
ちなみにお店のスタッフさんは対応も丁寧でよかったです。
 
帰りのバス停をスタッフさんにお店の外まで案内してもらって、ここからはバスで帰りました。バスだと水戸駅までは240円でした。
 
あとは、
 
ゲーム代金600のトップ賞300だと、場代2700になるんですよね。
 
自分は1.0のフリーは行き始めたばかりなのでまだわからないのですが、結構するなーという印象。
 
これがまだ祝儀500のお店ならわかるのですが、ソフトピンでこの金額は高いなーと感じました。
 
というわけで
 
麻雀広場ゆーとぴあ   茨城県の水戸
 
色々と惨敗でした(^^;
 
ではでは。

 

  

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました