【フリー雀荘 965店舗目】梁山泊 埼玉県の戸田

フリー
インパクトのあるお店の名前といえば、

 

雀豪フランス   東武練馬

 

が真っ先に浮かびます。

 

そして久しぶりに痺れる名前のお店に出会うことができました。

 

その名も

 

梁山泊   埼玉県の戸田

 

です。

 

かっけーー!

 

最初はどうかんがえてもセット専門だろうと思っていましたが、なんとフリーもやっているらしい。

 

こちらが梁山泊です。

 

やべー!入り口もかっけーー!

 

 

 

電話をするとフリーは18時くらいになればということで、土曜日の18時に向かいました。

 

戸田駅には有名な「麻雀カフェ戸田」がありますが、そこからは東に向かってだいぶ歩く感じです。

 

店内には麻雀卓が5卓。

 

奥ではワイワイと学生らしいセットが2卓立ってました。非常にうるさかったです(笑)

 

 

実はお店に入っても学生セットはこっちを見向きもしないし、他に部屋には誰もいなかった。

 

「フリーで来ました~!」

 

 

と声をあげても応答なし。

 

やべーー(^^;

 

しかし気づくと店のはじっこに人がいた。なんかパソコンが置いてあって、ソリティア?に夢中になっていたおばちゃんがいた。

 

困った私はそのおばちゃんに話をすると、困った顔をされてしまう。でもとりあえずフリーできたことを熱心に伝えると、お店のスタッフさんに電話をしてくれた。なんとなく日本人ではなかった気がする。

 

「少し待ってて」

 

と言われてから一時間くらい待った(笑)

 

19時をまわったところでやっとお店のママさんらしき人が来店。近くにある自宅から、急いで支度してお店にやって来た感じがする。

 

「もうすぐ二人来るから」

 

と言われた。

 

結果的には、自分のためにママさんが急いで

 

常連一人

スタッフ一人

 

を集めてくれたっぽい。

 

そしてすぐに私から

 

「今日は2ゲームで帰ります」

 

と伝えると

 

全員がまさに

 

固まったww

 

「えっ、今あたし頑張って3人集めたんだけど?さすがに冗談やろ??」

 

と言っている顔。

 

ママさん「2ゲームですか?」

 

私「そうです」

 

・・・・

 

ママさん「アリアリ麻雀ってわかります?」

 

私「わかります」

 

ママさん「うちの麻雀は動きますよ?大丈夫ですか?」

 

という具合。

 

もう2ゲームくらいなら、打たないで解散でもしたい素振りで脅しをかけてくる。

 

ルール表は当然のようになく、かるく話を聞いたところこんな感じ

 

・1.0-1000-2000

・ゲーム代500

・トップ賞200

・赤が4枚で5pのみ2枚

・門前祝儀500

 

あとはやりながらということになりました。

 

お店の歴史について聞くと、もうこの場所で20年やってるらしい。

 

昔はこの近くの橋のたもとで営業していたらしいから、もう30年か40年は営業してるのかもしれません。

 

麻雀の最中は、ママさんが自分の代わりを探そうと、必死に電話していたけどだれも来てくれずに2ゲームでお開きとなりました。

 

結果は

 

1着→3着

プラス200

 

でした。

 

帰り際はさすがに申し訳ない気持ちに多少なりましたね(^^;

 

来るなら19時くらいに来てほしいということを言われたけど、どっちみち電話して人を集めてもらってからでないと、大分待つんじゃないかと思います。駅からも結構ありますし、ここまで来て打てないで帰るのはちょっと辛いですね(^^;

 

というわけで

 

梁山泊 埼玉県の戸田

 

でした。

 

しかしまー、ほんと

 

ルール表がないお店って結構あるよなーw

 

でした。

 

ではでは。

 

※こちらのコンテンツも自主制作しています(^^)

 

 

 

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました