【フリー雀荘 798店舗目】麻雀物語 北海道の苫小牧

フリー
おはようございます、トッシイです。
 
前回のCOLORSのあとにもう一軒苫小牧で行ってみました。
 
久しぶりの健康麻雀のお店ということで期待していきました。
 
というわけで今回の目的地は
 
麻雀物語  北海道の苫小牧
 
です。
 
こちらです。
 

 

 

 
歩きで移動しようとしていたのですが、あまりの寒さと結構な距離に断念して、苫小牧駅からタクシーに乗りました。
 
運ちゃんと麻雀の話をしたのですが、苫小牧にも昔は沢山の麻雀店があったということです。
 
もうどの地に行っても「昔はこのあたりにも沢山の雀荘があった」と聞きます。
 
当時雀荘巡りをしていた方もきっといたでしょう。その方はいったいどれだけの店舗を巡ったのでしょうか(^^;自分は足元にも及ばないでしょう。
 
そうこうしているうちに到着した麻雀物語。
 
こちらが入り口の様子。
 
中では麻雀を打っているようです。
 

 
麻雀物語にはホームページがあり、1ヶ月程前に電話していました。そのときは確かに健康麻雀てすと行っていたんです。おまけに何時に来て何時に帰ってもよいと。
 
でも
 
店内に入ると立っていた卓は1卓のみで、
 
まさかの0.5のオンレートでした。
 
コロナの影響なのか全くわかりませんが
 
ここのマスターらしき人が言うには
 
「ここに来る人は、みんなこっち(0.5)の人です」
 
ということでした。
 
圧倒的な残念感に教われてしまい多少うなだれました。
 
 
 
少し待ち席に座ったあとに帰ろうと挨拶したら
 
「今オーラスなので、次入られますか?」
 
と言われた。
 
それならばと、結局1ゲームだけということで打つことにしました。
 
ルールなどは打ちながらということになりました。
 
判明したルール
 
・ゲーム代300
・アガリ連荘
・赤なし
・裏なし
 
の変わったルールでした。
 
ちなみに店内の様子です。
 
きっと以前まではここで健康麻雀が開かれていたのでしょう。

 

 
使用した麻雀卓です。
 

 
麻雀中に自分が少し雑談をしたくても、常連の女性二人がもくもくと打っていて、会話なんてできない雰囲気。
 
もう打ちっぷりは健康麻雀のそれではなくて、完全にオンレートフリーの雰囲気でした(^^;
 
結果は
 
1着
プラス1500
 
正直言われた通りにやりとりしただけで、トップ賞やら順位ウマなんかも全くわからないまま終わりました。
 
おまけに自分がこれで帰るというと、常連と思わしき二人も
 
「じゃああたしも帰ります」
「それじゃあ私も」
 
となりお開きとなりました。
 
なんというか、
 
ホームページでみた明るい笑顔はどこにもありませんでした(^^;
 
全てコロナのせいだと思いたいです。
 
というわけで
 
麻雀物語   北海道の苫小牧
 
まさかのオンレートを打ちました。
 
ではでは。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました