【フリー雀荘 1136店舗目】麻雀トップ 東京都の京成小岩

フリー
おはようございます。

 

トッシイです。

 

雀荘巡りをきっかけに、ブログと検索サイトを2つ作り、youtubeも始めた過去があります。

 

検索サイトの方は、フリーとノーレート・健康麻雀の2つがあり、

 

ノーレート・健康麻雀では多分検索サイトで一番上。

 

フリーのほうは麻雀王国・雀サクに次ぐくらいまで来ている気がします。

(こちらはSEO対策が全然手抜きだったので最近ちゃんとやりはじめました)

 

どちらのサイトもドメイン更新料とかサーバ維持費用は実費負担です。

 

いつか自分が死んでも続くように色々考えなきゃなーとも思ってます(^^;

 

最後のyoutubeですが、これは完全に自分の記録動画的なもので、自叙伝みたいな意味合いで始めました。

 

ただ制作には1動画最低3時間くらいかかり、非常にしんどくなって休止していました。

 

なにせ合成音声を作って、画面に流れるテロップに同期させるとか調整が大変すぎるんです。

 

多分自分でしゃべっちゃった方が早い。でも喋ってもテロップいれるのか?とかあるじゃないですか。

 

殆ど喋ることがないお店もあるし。いやー、いまだにどう続けて行くか悩んでます。

 

前置きが長くなりましたが、雀荘巡りです!

 

今回は小岩まで行ってきました。

 

麻雀トップ 東京都の京成小岩

 

です。

 

前日に電話したら、

 

「昼過ぎからやってる」

 

ということでした。

 

京成小岩駅からは駅近でした。

 

こちらです。

 

 

 

 

なんか扉の上の照明が珍しい感じでインパクトありました。

 

おまけに貼り紙の文字が味がありまくりですね。

 

お酒を飲んだ人とかじゃなくて

 

酔っ払い

 

と表現しているのがいい(笑)

 

 

土曜日の昼過ぎにお店に行くと、なんとフリーが2卓も立ってた!!

 

これは驚き。

 

正直場末系のお店で昼間から2卓も立ってるのは非常に優秀。

 

店内の卓数は3卓で1卓が完全に物置だったので、満卓!!

 

お店に入っても、だれも反応がなく無視www

 

10秒くらい突っ立ったあとに、ちょっと奥まであるいて

 

私「あー、あのフリーできたんですけど」

 

客「えっ?不倫?」

 

客「誰よ」

は??w

 

フリーを不倫と聞き間違えられたのは初めて。

 

私「いや、フリーです。1人できました。やれそうですか?」

 

客「おーい、ママー!誰か来たよー、ちゃんと相手してあげなよー。おーいっ奥にいないで出て来いって!」

 

と。

 

ママが出てきたんだけど、若干日本人ではない雰囲気もあるけど、日本人かもしれないしゃべり方。

 

ママはルール説明ができないっぽくて、壁に掛けてあったルール表を自分に手渡して

 

ママ「何か飲む?」

 

と言ってくれた。

 

場末の基準

 

というものがあるとする。

 

よく場末という単語をSNS上で耳にするのですが、その表現の敷居は個人差が非常にあります。

 

よく場末と表現されているものは、自分の基準では結構普通のものが多い。

 

その中で自分なりに基準の一つとなるのが

 

新規が珍しすぎて、対応に困ってしまい、お店側があたふたする

 

というのがあります(^^;

 

まさにここではそうでしたね。

 

とりあえず自分でルール表を読みました。

 

・1.0-2000-3000

・ゲーム代600

・トップ賞100

・赤が各5に一枚ずつ

・門前祝儀500

・60000コールド

 

大体こんな感じです

 

ルール表です。

 

目につくのはチョンボが場9000というやつ。

 

チェーン店じゃないのにこの規定は結構珍しいですね。

 

こういうお店って大体満貫払いだから。

 

あとは常に王牌は4山残しってやつ。

 

これもたまに見ますが、結構珍しい。

 

カンを1回やっても1枚補充されません。

 

ただ、カンが2回入った場合には2枚一緒に補充されるやつです。

 

 

ルール表を読み終わって、ママに話しかけると

 

トッシイ「ルール表見ました!」

 

ママ「あたしはそっちはよくわからないのよ。あたしはこっちだから

 

と、スポーツ新聞の競馬欄を2つほどポンと指さした。

 

待ち席にあった翌日の安田記念に既に印がたくさんついていた。

 

2つの新聞の予想を見比べて色々試行を巡らせていた。

 

自分も安田記念を買うつもりだったので、一緒に多分20分以上一緒に予想してました(笑)

 

※結局浜中を買うといっていた自分もママさんもはずれでしたね(^^;

 

トッシイ「いやー。今日打てなさそうですよね。今日はもう帰ろうかな!」

 

と言うと、奥の方から

 

常連さん「俺これで一回やめるから入りなよ!もうすぐ終わるから」

 

と言ってくれる人がいた。

 

そういわれたら待つしかないんだけど、

 

そこからさらに30分待ちましたけど(笑)すぐじゃねーし(笑)

 

結果的に50分まって打った麻雀は

 

1着→3着

プラス2400

 

でした。

 

麻雀の最中は常連さんと馬鹿みたいな会話を永遠としながら打てました(笑)

 

またまた涙を流すほどに笑わされてしまった(^_^;)

 

こういうところに来ると妙に安心してしまう。

 

自分も相当に麻雀が好きで趣味がそれしかないんだけど、きっと間違ってないんだなと再認識できるんですよね(^^)

 

いやー、やっぱ雀荘大好きだわ(笑)

 

というわけで

 

麻雀トップ 東京都の京成小岩

 

楽しく打てました。

 

ではでは。

 

※こちらのコンテンツも自主制作しています(^^)

 

 

 

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました