【フリー雀荘 155店舗目】ラッキーバード 刈谷

フリー
この雀荘巡りを始めたきっかけが、おしょうさんの旅打ちブログをみてからでした。自分も150店舗をこえて、そのおしょうさんに近づいてきました。
 
 
そんななか、今回の名古屋遠征での第一の目的地がこのたび向かった場所です。
 
ラッキーバード 刈谷店
 
です。
 
名古屋からはちょっと離れた場所にあります。この日の宿泊地が豊橋になるので、一応通り道。
 
このラッキーバードがオープンしたときの、最初のお客さんが、おしょうさんだったようです。第二の故郷だと書いてありました。100店舗目は、場代チャラさんの故郷の藤沢のクーロンに言って感慨深いものがありました。そして今回は、ラッキーバードです。自分にとっての先輩方の足跡をたどるというのも、自分の雀荘巡りの醍醐味でもあるんです。
 
こちらは駅からとった写真です。駅からみえます。
向かいのビルのところに、味のある字で書いてあるでしょ。「ラッキーバード」
 

 
なんとも趣のある看板。

 
いやーほんと、この場所にこれただけで感無量でしたよ。おしょうさんはこの場所を第一店舗目として、北は北海道まで雀荘巡りの旅をはじめたわけです。熱くなるものがある。
 
店内に入ると、早速セット用とおもわれる半個室がありました。というか広い。既にフリーが1卓。セットが1卓立ってました。開店が9時なので9時ぴったりに行ったのですがw
 
すぐお店の女性が声をかけてくれて、ルール説明となりました。
 
そして、なんとこの女性も
 
またもや可愛い。
 
おまけにかなりのドジっ子だと判明。お客さんに結構いじられていましたね。やはり女性店員は常連をよろこばせる存在ですわ。
 
ルール説明ですが、ここにきて初めての出来事が。
 
なんと、タブレットからブルートゥース?かなにかで、壁掛けのディスプレイを操作して、パワーポイントを起動。
 
なんとはじめての、パワーポイントでのルール説明。そして1枚1枚よみあげる。ただ
 
三味線をはじめ人和など、ことごとくこの女性が「漢字が読めない」w
 
いいっすわ。
 
では、以下がルールです。
 
・0.5の500円1500円
・ゲーム代400円
・トップ賞200円
・アガリ連荘
・赤は各5に一枚ずつで、面前祝儀100円
・60000点終了あり
・途中流局ありで親流れ
・形式テンパイなし
 
この、アガリ連荘ってのと、形式テンパイなしはこっちのほうでは、かなり当たり前のことのようです。そしてトップ賞もどこにいっても東京に比べると高いです。
 
アガリ連荘で、途中流局ありで親流れで、トップ賞が高くて、入店料がとられて、ラス賞まであるのが名古屋では結構あたりまえときた。
 
ここで思ったんですよ。
 
東京の雀荘ってのは、本当に恵まれているなと。実際この制度だと、名古屋近辺で0.5で勝ち越すってのは、かなり難しいんじゃないかなとは思います。これは間違いないでしょう。
 
それに形式テンパイなしってのも結構常識。(形式テンパイがあるところは、しっかり形式テンパイありと書いてあります。)
 
天鳳位のあさぴんさんが、形式テンパイで本を一つ書いたくらいなわけで、この
 
形式テンパイありなしってのは、体感としては、テンパイ連荘とアガリ連荘よりも大きな違いかなと。あらゆるネット麻雀ゲームや東京の雀荘では形式テンパイありしかないので、最初このルールで打つと、本当にとまどいますよ。
 
自分は最初「形式テンパイなし」が理解できなかったんですよw。これは本当に。このブログを読んでいただいている方の中にも「形式テンパイなし」を明確に説明できない人も結構いるんじゃないでしょうか。
 
それに、都内ではオレンジハウス、すずめがもでしか体験したことのなかった
 
赤が祝儀対象にならない
 
ってのも、こっちのほうでは結構普通にあります。
 
さて、一通りルール説明がおわり卓にはいりました。常連さん3人です。
 
途中、何度か
 
「これはテンパイでいいんですか?」
 
ってことをメンバーに確認したりしましたね。
 
あとは、この地元の方々との会話も楽しかったです。
 
結果なんですが、負けました。
 
2着→3着→3着
0-1-2-0
マイナス3000円
 
この成績で、このマイナス。まー、普通といえば普通ですかね。ただ、正直本当についてなかったですよ。トップが大体いつも大トップ状態になり、手が付けられなかったんですもん。アガリ連荘ってのはこういうときは非常につらいものです。
 
2日目の初日のラッキーバードも、楽しく打てました。
 
おしょうさんの故郷。
 
さようなら。
 
このあとは、また電車にのって岡崎までいってきました。
 
でわでわ。

 

※こちらのコンテンツも自主制作しています(^^)
 

 

 

https://free-mj.com/ 

 

 

 

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました