【フリー雀荘 548店舗目】麻雀倶楽部ナイスポン 札幌の琴似

フリー
おはようございます。
 
最近名古屋遠征に行ってきました。
 
その旅での一番いいなと思った瞬間は、健康麻雀のお店で旅打ちの話をしていたとき。
 
私「麻雀以上に面白い遊びはありませんよね!だからもうしょーがないですよ(笑)」
 
じいちゃん連中「なんか若い人にそう言ってもらうと、こっちもなんか嬉しいよなー。なー◯◯さん!」
 
というやりとりの瞬間でした。
 
トッシイです。
 
それでは今回は北海道遠征の続きになります。
 
札幌遠征2日目。麻雀倶楽部NANAを後にして向かったのが、琴似という場所にある
 
麻雀倶楽部ナイスポン   札幌の琴似
 
です。
 
ネーミングセンスが光ります。
 
こちらです。
 
 看板もいい味だしていました。
 

 

 
到着したのは土曜日の夜。
 
店内には3卓の麻雀卓があり、フリーが1卓立っていました。
 
なかなかネットに情報がありませんでしたが、予め電話で0.5であることを確認済。
 
それではルールなどです。
 
・0.5-500-1000
・ゲーム代400
・トップ賞100
・アガリ連荘
・赤は各5に一枚ずつ
・門前祝儀100
・途中流局一切なし
 
それから、わざわざ赤字で
 
「流し満貫は鳴かれてしまうと不成立です」
 
と書いてありました。やはりこれは札幌の特徴的な部分なのかもしれません。鳴かれても流しOKのところがかなりありますからね。
 
こちらがルール表です。
 

 

 
少し待って卓に入りました。
 
しかし常連さんとスタッフさんの会話には入っていけずに、その談笑の中で打つ展開となりました。
 
そして隣の人の煙草の煙がメチャメチャ自分に集中してきてキツい環境にw
 
当然喫煙OKの雀荘だからそれは全然問題ないのですが、単純に最近自分が煙草に弱くなってきたのかなということ。
煙に煽られると、気持ち悪くなってしまう(^^;
 
そして、麻雀の方も
 
4着→4着
マイナス4500
 
連ラス!!!
 
ぎえーーーーー!
 
1回連帯外すだけでもグハッて気分になるのに。連ラスは本当にこたえます。
成績を付けていると、この連ラスでどれだけ平均順位に影響がでるのかを身に染みているので。
 
そういうわけでぼろ負けでした。
 
そしてまたここでやっちゃったのが、
 
連ラスして席を立つ時に
 
私「ありがとうございました!」
 
って言ったあとに、
 
常連さん達が「えっ?」って顔になった後に顔を見合わせるやつw
 
今後はこういうときは、すーーっといなくなるようにしたほうがいいかなn(^^;
 
とういうわけで、
 
麻雀倶楽部ナイスポン 札幌の琴似
 
でした。
 
次回は
 
札幌駅まで戻り、チェーン店
 
に向かいました。
 
ではでは。
 

※こちらのコンテンツも自主制作しています(^^)
 

 

 

https://free-mj.com/ 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました