【フリー雀荘 1207店舗目】田 東京都の亀戸

フリー

平日の仕事帰りに亀戸まで行ってきました。

向かったのは

田(DEN) 東京都の亀戸

です。

このお店はネットで調べてもお店の電話番号が見つからなかったお店

もうとりあえず平日の夕方ならやってるかもしれない!と思って突撃してきました。

こちらです。

恐らく昼頃からオープンしていそうで、夕方には卓割れしそうな感じです。自分は時間的にギリギリ打てました。

自分は16時について打つことができましたが、自分が帰る18時前に卓割れしました(^^;

マスターは結構しっかりした人で、新規に対してもしっかり対応してくれた印象です。

トッシイ「ルール表はありますか?」

マスター「あそこにあるから」

と壁を指さしてくれました。

壁にかかっていたルール表を読みました。

おそらくルール説明してと言っても、こういうお店の場合は「わからないところあったら聞いて」と言われると思います。

・1.0-2000-3000

・ゲーム代600

・トップ賞?

・テンパイ連荘

・赤が各5に1枚ずつで、門前祝儀500

・箱下精算ありで、トビ賞なし

・60000コールド

・永久白ポッチあり

見せ牌についてはスジもチェック対象

こんな感じ。

特に変わったところはなくてオーソドックスなルールでした。

壁にかかっていたルール表です。

先切り絶対禁止!とありますね。

先ヅモまではOKっぽいです。

お店の風景です。

新顔が来るのは非常に珍しいんだとおもうのですが、最初結構警戒されました。

自分がリーチするとすぐに

下家「はじめての人だからどんな風に打つかわからないからねー。

ここまでは決まり文句。

そして自分の引っ掛けリーチに、下家が満貫の打ち込みww

すると下家のじーちゃんがぽつりと

下家「引っ掛けだね

上家「うん、引っ掛けだね

まじちょっと、怖かったですねこの瞬間はww

あれっ??引っ掛けリーチ禁止?????

ってなりました(笑)

そのあとは何度も何度も自分がリーチするたびにところどころで「愚痴」が発生ww

最終的に振り込んだ下家だけならまだしも、上家のじーちゃんにまでオーラスまで引っ掛けリーチについて愚痴られたww

久しぶりのこの雰囲気は楽しくもあったのですが、ちょっと驚いたのは

対面の比較的やさしかったじーちゃんに

対面の比較的やさしかったじーちゃん「ここはそういう所だから気を付けて

と言われたこと。

多分このお店では、基本的にお客さんも引っ掛けリーチは禁止なんでしょう。

でもね。

自分の打った引っ掛けリーチって、別にもろひっかけじゃなかったんだけどね(^^;

3順前に切った5sのスジの8sが待ちなんだけど、

9sがドラで

577899s

から5sを先ギリしただけなんですよね(^^;

別に良くねww

多分もしここで3sが先に切られていたら9s切って6s待ちにしても「引っ掛けだね」って言われたはず。

そんなメンツで打った麻雀は

2着→2着

プラス3600

となりました。

ぶっちゃけ2連勝できなかったのが悔しいです。

こんな面子でしたが一つだけ心を和ませてくれる出来事がありました。

この写真をよく見てください。

ずっと上家のとこに何か居るんだけどw

わかります??

小さい犬のおもちゃみたいなやつ。全部ゴムでできていてぶよぶよしてました。

上家の人はリーチしたり悩んだりしたときには、しょっちゅう触っていました。

勇気を出して聞いてみました。すると

「お守り」

だそうです。

ちなみに副露などしたときには、場所を移動させていて

卓内の自分の河のほうまで侵入してくることもありました(笑)

ちなみに、このお守りペットのおじいちゃんに連勝されました(^_^;)

これはきっと麻雀グッズとして流行るんじゃないですかね。

別にあんな場所におかなくても、サイドテーブルにおいておいてもいいわけですしw

ちなみにお店の電話番号がわからなかったとマスターに言ったら、帰り際に電話番号の載った名刺をいただきました。

というわけで

田 東京都の亀戸

でした。

ではでは。

こちらのコンテンツも自主制作しています。

タイトルとURLをコピーしました