【フリー雀荘 1211店舗目】はこてん課長 千葉県の勝田台

フリー

土曜日の雀荘巡り。

衝撃的だった梁山泊を後にし、同じ勝田台のすぐ近くにある

はこてん課長 千葉県の勝田台

に向かいました。

梁山泊からは徒歩1分程度で、めちゃめちゃ近いです。

こちらです。

土曜日の昼過ぎに到着すると、フリーが1卓立ってました。

丁度、待ち席に2人とマスターが1人待機していたのですぐ打てそうな状況でした。

すぐにルール説明をしていただけることになったのですが、

自分が一つ前に「梁山泊」で打って来たことを伝えると

マスター「そしたら、違うのはテンパイ連荘なだけだから。あとは一緒

と言われました。

そういうわけでルール説明はなしにwww

とりあえず分かったルールを軽くまとめると

・1.0-1000-2000

前出し2000で、トップが5000取りで、お店が3000
 (2着が3万点以上なら、トップが3000で、2着が2000)

 トップどり麻雀です。

・テンパイ連荘(梁山泊はアガリ連荘)

・赤が各5に1枚ずつで、門前祝儀500

・箱下精算なし、トビ賞500

・60000コールド

・役満確定時のチョンボは倍満払い

・流しは跳満扱い

とこんな感じです。

ルール表です。

梁山泊に引き続き、はこてん課長も前出し2000。

このレートだと、1回のトップで大体10000くらいプラスになります。

めちゃくちゃ調子が良かったり、腕に自信がある人は勝田台で勝負でしょうか(^^)

使用した麻雀卓です。

店内の様子。

奥の紫色の服を着ている方がマスターなのですが、かなり渋くてかっこいいです。

打ちっぷりもなかなかで、久しぶりに「おー、しぶい!」っていう雰囲気を感じました(^^)

同卓者は

若者(かなり若い人がいて驚きました。待機していたようにも見えたし打ち子さん?)

常連のおっさん

マスター

となりました。

マスターの雰囲気が渋くて大好きだったんですよね。

初戦はそんなマスターと2人のシーソーゲームでしたが、オーラス自分が捲ってトップ!

このルールはトップが非常に大きいんですが、マスターに浮かれてしまい返ってきたのは3000でした。

2戦目はマスターの一方的な展開になってしまいラスとなり、

結果は

1着→4着

プラス1500

となりました。

なんとかこのお店ではトップを取ることができましたが、やっぱり前出し2000のこのルールだとトップor2着での浮きをとらないとダメですね。

自分の普段の成績から言えば、このお店でずっと打ち続ければ絶対にプラスになるはず!!

とか思っても、それはそれでみんなこのルールに対応して打ってくるわけで、結局どうなるかはわからないですよね(^^;

なんにしてもなかなか刺激のあるルールなので、トップが狙えそうな位置に居る場合は非常に熱くなれるなと実感しました(^^)

というわけで

はこてん課長 千葉県の勝田台

楽しく打てました。

ではでは。

こちらのコンテンツも自主制作しています。

タイトルとURLをコピーしました