【フリー雀荘 161店舗目】バックス大須観音

塩釜口を後にして、名古屋にきて最後に行ったのが
 
バックス大須観音店
 
でした。
 
こちらは、言わずと知れたジャンゴロKさんの1号店です。著書も2冊しっかり持ってます。
大須観音駅からは駅近でした。
 
こちらです。
 

 
店内はかなり綺麗で整ってる。なんか余計なものが一切なくて無駄がないというか。ジャンゴロKさんのblogだったりをずっと見てきていたので、雀荘の雰囲気も印象とぴったりでした。
 
こういうビルのよい所ですが、トイレも広くて綺麗なのはよかったですね。
 
メンバーさんも、仕事としてきっちりやっている感がでていて好印象。
 
それではルールです。
 
・0.5の500円1000円
・ゲーム代400円
・トップ賞100円
・アガリ連荘
・赤は各5に一枚ずつで、鳴き祝儀100円
・形式テンパイあり(名古屋の場合は、これを書くのは重要そう)
 
かなりオーソドックスなルールです。blogでもたしか0.5で馴染みやすいルールにする予定とかってのを言ってた気がするので、これも納得。
 
ゲームなのですが、こちらの同卓したメンバー。すげーマナーがしっかりしてる。おまけに常連のおじいちゃん二人とも打ったのですが、この人達も変な絡み方や無駄口がなくてマナーよし。そんな訳で、淡々と局が進むわけですが、このメンバーさん、とにかく
 
リーチばっか打ってくる。
 
まだ麻雀発展途上ですっていう雰囲気がでている若者でとにかく素直に一生懸命にリーチ打ってくる。だから、リーチリーチうるさいのなんのって(^^;
 
手が入ってるのはもちろんだけど、強かったなー。これはKさんのゴロゼミとか含めて、直伝で鍛えられてんのかなーって勝手に思って、ちょっとほっこりしてしまった。
 
ちまにみゲームの結果は
 
2着→3着→2着
0-2-1-0
マイナス1400円
 
メンバーさんにツモられまくったので、この成績でした。
 
バックス大須観音
 
満足できました。
 
ちなみに、よく都内では
 
健康麻雀教室を一緒にやってます!っていうところは結構多いけど、こっちのほうはそんなになかったりするのかな。麻雀王国で調べながら巡っていたのですが健康麻雀の単語をあまり見なかった気がする。そんななかで、このバックスだけ
 
麻雀教室
 
って麻雀王国の一覧に書いてあって、そもそもこのゴロゼミっていうのが健康麻雀教室とは一線を画しているので、こういう戦術だったりの教室は名古屋方面では非常に珍しいのかなと思いました。バックス店内にはゴロゼミのこともいろいろ説明がありましたよ(^-^
 
麻雀で夢を叶えたKさんが今度は麻雀に恩返しをしているのかななんて勝手に考えて、すごい人だなって思ってました。
 
そういえば、このバックスで今回の名古屋の旅は最後になりました。
 
0.5雀荘における、東京とは違う名古屋の常識をたくさん体験できました。貴重な出会いもあったし、名古屋方面のTwitterやっている方からのアドバイスや、コメントをいただくこともできました。
 
自分の麻雀の楽しみは、勝って稼ぐことが大事というものとは違うんだなと再認識しました。まー、プラスだと嬉しいしプラスを目指したいのはもちろんなのですが。
 
今はたくさんの場所に行ってみたい。っていうただそれだけみたい。あたらしい雀荘のドアを叩くときは、いつどこに行ってもドキドキするし、ルール説明を聞いてるときは、いつも何か変わったルールないかなってウキウキしてる。
 
じっちゃんばっちゃんは若者には負けねーって意地はってくるし、マナーなんて糞くらえみたいなやつだって、結局貴重な時間潰して麻雀うちにきてんだしね。それも0.5のレートにね。結局おまえらぶつぶつ言ってたって麻雀好きなだけでしょって。天気のいい日曜の朝っぱらからうってんだしさと(^-^)まー、麻雀打てるようになってよかったと改めて思いました。
 
好きなことを当然のように続けらているうちは気づきにくいけど、こういうのっていつどこで突然続けられなくなるかわからないんですよね。かならず変化はやってくるから。だから楽しいときは、がっつり楽しまないとと思ってます。
 
ではでは。

 

※こちらのコンテンツも自主制作しています(^^)
 

 

 

https://free-mj.com/ 

 

 

 

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました