【フリー雀荘 191店舗目】ファーストワン松戸

フリー
昨日はボーンアイデンティティーを午前2時までみて、起きたのが5時すぎという寝不足のトッシイです。面白すぎて思わず夜更かししてしまった。
 
今回は松戸に向かいました。その電車のなかで場代チャラさんが津田沼でゲストだというツイートがありました。松戸の最初の店舗で勝てたら向かうと約束しました。やはりチャラさんは自分にとっては特別な存在なので、直接お誘いのリプをもらうと多少テンションがあがってしまうわけですよ。「いやー、遂に今日が1.0のデビューになっちゃうのかな?」と思いました。
 
自分はいつも休日にフリーに行くときは、財布の中身を15000円に調整しています。3連ラスで10000円溶けるので、保険を込めてその値段なのと、熱くなってしまったときの歯止めのためです。
 
ただチャラさんゲスト店のレート1.0だと最低15000円くらいは予算がないと話にならないはずなんです。
 
実は前に平井のサボテンパラダイスに行った時に、1.0しかなくて思いきって打つことにしたんですよ。でも財布の中に10000円しかないといったら、メンバーにかなり不安そうな顔をされて
 
「うーん。こればっかりは私からは何とも言えません。ご本人に任せます」
 
と言われたのが深く刻み込まれています。
 
というわけで松戸です。
 
松戸にはいくつも雀荘がありますが、今回向かったのは
 
ファーストワン松戸店
 
です。先日は近くにあるコナンにいきましたね。駅前はよく覚えています。
 
ファーストワンはチェーン店で、金⑤があるのが特徴のお店で、駅近にありました。
 
こちらです。

 
 
店内は卓数が4卓でした。ファーストワングループの中では狭い方ですね。
 
ルールはもちろん一緒です。
 
・0.5の500円1000円
・ゲーム代400円
・トップ賞200円
・赤は各5に一枚ずつと、金⑤ピン
・赤は100円で、金は200円
・面前祝儀
・テンパイ連荘
・途中流局あり
・55000点終了
・誤ロン誤ツモは発声のみでチョンボ
・流し満貫は最終打牌で成立
・四槓子はカンの成立時にアガリ扱い
メンバー2入りで卓が立ちました。
 
実はこのゲームでとんでもないことがありました。
 
自分がリーチ。
 
ここでトイレ代走をメンバーさんに頼みました。そのときの手牌が以下の通りです。
 
22234555三四五⑦⑨
 
で、トイレから帰って来たら、赤5が河に切られてる!えっ?って思った。なんでカンしてないの?と。これってもしかしてメンバーさんミスっちゃったの?
 
そして、流局後にリンシャン牌と裏どらをこっそり見たら、暗カンしてたらつもってて裏ドラものって跳満だったじゃん!マジかよー・・・
 
と思って、そのあともずっとモヤモヤしてた。
 
店を出てからそのことをツイートしたら、大勢の方々がアドバイスをしてくれていました。これには本当に感謝です。
 
5はカンするとチョンボだったようです。メンバーの方に感謝しなくてはいけませんでした。
 
http://www.mj-dragon.com/rule/prac/ankan.html
 
ここに載ってました。この4番目のケースについては自分は意識したことがなかったんです。
 
トイレ代走を頼んでいなければ、自分は平気でカンして跳満!とかいって喜んでいるところに、チョンボを指摘されていたはずです。代走してくれたメンバーさんにあとから感謝しました(^^;
 
麻雀のことをだいぶ分かってきていたつもりが恥ずかしいです。
 
3ゲームやって結果は
 
3着→3着→4着
0-0-2-1
-5200円
 
ぼろ敗けでした。赤やら金やらを絡めたあがりがなくて、先手が全くとれず惨敗。
 
なんにしても、送りカンの勉強ができたのが今回の収穫ですよほんと。
 
10000円を切ったので津田沼はあきらめて、このあとは元々の予定だった新松戸なの向かいました。
 
でわでわ。

 

※こちらのコンテンツも自主制作しています(^^)
 

 

 

https://free-mj.com/ 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました