【フリー雀荘 738店舗目】まぁーじゃんNEXT(ネクスト) 五反田

フリー
最近は少しずつではありますが、1.0のお店に行き始めました。とはいえいきなり祝儀が500のお店だと、経験の浅すぎる自分は雰囲気にのまれてしまいそう。
 
なので経験を少しずつ積むために、現在は通称ソフトピンと呼ばれるお店をターゲットとにしています。でもなかなか
 
どのお店がソフトピンなのか
 
なんてのはなかなかわからないです。なので自分の知っているソフトピンのお店を行き尽くす前に、早くこのレートと雰囲気に慣れていかねばならないのです。
 
というわけで今回の目的地は
 
まぁーじゃんNEXT(ネクスト)   五反田
 
です。
 
こちらです。
 
階段を降りた先の地下一階にありました。
 

 

 
ネクストにはホームページがありました。
 
 
 

 

 
でもやっぱり普通にこれだけだとソフトピンがどうかはわからないです。祝儀は載ってないし。おまけにゲーム代金が600です。以前の浅はかな知識だとソフトピンはゲーム代金500以下かと思ってたんですよ。
 
なかなか行ってみないと判別は難しそう。
 
到着したのは月曜日の16時半。スタッフ2入りで1卓立っていました。
 
店内の雰囲気は非常に静かでした。
 
早速スタッフの方からルール説明を受けました。
 
・1.0-1000-2000
・ゲーム代600
・トップ賞100
・テンパイ連荘
・赤は各5に一枚ずつ
・鳴き祝儀200
・箱下精算なし
・60000点ゴールド
・見せ牌、腰牌のチェックあり
 
久しぶりに見せ牌、腰牌のチェックがあるお店でした。都内近郊では珍しいくなっていると思います。
 
でもこのルールがあると自然にみんな所作が丁寧になるのが好きです。
 
あっ、でも先に言っておくとですね(笑)
 
この日自分、一度腰を使ってしっかりチェックの申告を自分でしたんですよ。でも、対面にいたおっちゃんは、明らかに見せ牌したりしてたけど一度も自己申告してませんでしたけどね(^^;
 
なのでかなりチェックは緩めと思われます。
 
厳しいところだと、「じろっ」という視線が集まりますからね(^^;
 
こちらがルール表です。
 

 

 
カード精算でした。
 

 
このカード精算も最初10000だしたんですが、そしたら
 
箱が5000で、カードが5000となったんです。
 
すぐに
 
「ラスったら現金でもいいですか?」
 
と聞くと、一度カードにしてもらってからになりますということでした。
 
そうなると全く自信がない自分は、
 
「あの、これ追加で・・・」
 
といって追加の10000を差し出しました(^^;
 
やはりピンって、最初にカードと交換するときには20000程度は用意しておかないとお話にならないのかもしれませんね。
 
やはり0.5とはスケールが違う。
 
そしてついに卓に案内されました。
 
麻雀の雰囲気はやはり非常に静かで、麻雀にがっつり集中できる感じ。
 
ということはつまり、自分以外も全員集中してるってことです。本当はちょっと雑談してくれてるくらいのほうがスキがあってこちらとしては嬉しいんですよね(^^;
 
そしてちょっと驚いたのが、結構な頻度でみなさんが「少考する」ということ。
 
こういうのを見ていて自分はもちろん
 
やべーー、ちゃんと考えてるよー。まいったなー
 
という気持ちです。スピードが早過ぎる人は必ずミスをどこかでしていると思っている主義なので、こういう面子は非常に大変です。
 
やはり0.5と違い1.0だとレートが上がっている分、他の人たちも真剣なんだなというのが伝わってきて、そこはとても良かったです。
 
1ゲーム目をなんとか2着で凌いだあとに、とても
驚いたことが。
 
なんと、
 
「コロナ対策で、数ゲームおきに麻雀牌を全部交換する」
 
ということです。
 
健康麻雀などでは「よつば」さんなどでもやっているということを後で知ったのですが、回転率重視のオンレート店でこれをやるのって凄くないですかね。とても驚きました。
 
そしてこのお店のコロナ対策は、他のお店でよくやっているような「口だけ」とは全く違うのだなと思いました(^^)
 
麻雀牌の交換が終わってからの2ゲーム目は、一度5800と8000をあがってからは、ツモられと横移動を眺めていたら運よくトップ(^^)
 
結果は
 
2着→1着
プラス5200
 
でした。
 
まだピンに挑戦をはじめてからラスがないというラッキーっぷり。
 
この流れを天鳳で例えるなら、一度でもここからラスを引くとそこからは連ラスという流れですね(^^;
 
そういえば待ち席に一条いろはさんの商品がおいてありました。
 

 
というわけでまーじゃんNEXTを後にしたわけですが、少し前に行った「たぬ」との比較を考えてみます。
 
「たぬ」とネクストは順位ウマが少しだけ違いますが祝儀は同じです。
 
でもですよ。たぬはこれでゲーム代金300のトップ賞300なので、場代1500なんですよ。
 
それに対してネクストはゲーム代金600のトップ賞100なので、場代2500
 
あれ?(笑)
 
やっぱり「たぬ」って優秀すぎるのでは?となりました(笑)
 
単純にたぬがとんでもない優良店ってだけなのかもしれませんが。
 
というわけで
 
まーじゃんNEXT(ネクスト)   五反田
 
楽しく打てました。

■全国のフリー雀荘・麻雀店の検索

全国のフリー雀荘・麻雀店検索
全国にある雀荘・麻雀店を実際に訪問してまとめました。全国の麻雀店を探すときに参考にしていただければと思います。

■健康麻雀&ノーレート麻雀検索

健康麻雀&ノーレート麻雀・雀荘検索|ホーム
健康麻雀、ノーレート麻雀店、ノーレート雀荘の検索サイトです。このホームページは、健康麻雀・ノーレート麻雀店に行きたいと思った人が、苦労せずにそのお店の存在に気付けることを目的に作りました。今後もしこのページを見た人が、健康麻雀・ノーレートの麻雀の世界に触れるきっかけとなっていただければ幸いです。

■トッシイの麻雀店巡り(Yotube)

トッシイの麻雀店巡り
麻雀が大好きで、日々麻雀店巡りをしています。その記録をチェンネルの残していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました