【フリー雀荘 783店舗目】麻雀クラブ太陽 福島県のいわき

フリー
朝イチでいわきの「ドラえポン」に行ってきました。記憶に残る場所となったお店から徒歩で次のお店に向かいました。
 
いくつかピックアップしてあったお店の中ですぐに電話が通じたのが次の目的地です。
 
というわけで今回の目的地には
 
麻雀クラブ太陽   福島県のいわき
 
です。
 
いわき駅からは徒歩圏内です。
 
こちらです。
 

 

 
入り口にある看板
 
この太陽グループってなんか関わりがあるんだろうか。
 

 
電話をしたら若い男性が出て、結構サクサク対応してくれたので、結構今風なお店なのかな?と思ったんだけど
 
店内入ると、そのスタッフさん以外は全員が年配の方々でした。
 
こじんまりとした店内には麻雀卓が3卓
火曜日の11時でスタッフ1入りてわフリーが1卓
スタッフ2人体制
 
でした。
 
こちらが店内の様子
  
そしてドラえポンのオープンな感じとは真逆の雰囲気でギャップが凄かったです。
 
おまけに店内にはアルコール消毒もなこれば、誰一人としてマスクをしていない。
 
たしかにこのあたりは感染者も出てないから、そういう意識が低いのかもしれない。
 
待ち席にてルール説明を受けました。
 
・1.0-1000-2000
・ゲーム代500
・トップ賞100
・テンパイ連
・赤は各5に一枚ずつ
・鳴き祝儀500
・飛び賞500
・流し満貫は振り切り
・60000コールド
・カンが入ると王牌が2枚ずつ減る
 
最後のカンが入ると王牌が2枚ずつ減るというのが特徴的でした。ぶっちゃけ詳しく深掘りしませんでした(^^;
 
祝儀500で場代2100ってかなり安いのではないかと思います。この点は素晴らしい(^^)
 
あとこのお店
 
まさかの禁煙雀荘です!
 
なので、1ゲームずつ休憩を5分程度とってから再開となります。
 
麻雀は初戦
 
1着
プラス6000
 
だったのですが一戦目の途中からお客さんがぞろぞろ増えてきたんです。
 
自分はもともと2ゲーム目打つと言っていたのですが、休憩時間中にお客さん同士とスタッフさんを交えてなにやら揉め始めた。
 
「あとどのくらい待たされるんだ!」
 
みたいなやりとり。
 
自分のことが少し聞こえてきて、なんか巻き込まれるのが嫌だったのと、自分が初戦気持ちよくトップだったので
 
「自分がこれで抜けます!」
 
と言って一件落着。
 
少し予定よりも早くなったので、焼きそばが無料ということだったので、カップ焼きそばを注文しました。
 
こちらがこのとき食べた焼きそば
 
やっぱり雀荘で食べる焼きそばってのはうめーよなー(^^)
 

 
焼きそばを食べながら、この辺りの雀荘について聞いてみましたが、どのお店もほとんど17時以降でないと店が開いていないということでした。
 
そんなわけで、このあとは一旦ホテルに向かいました。
 
というわけで
 
麻雀クラブ太陽   福島県のいわき
 
楽しく打てました。
 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました