【フリー雀荘 1146店舗目】麻雀堂匠 神奈川県の桜ヶ丘

フリー
おはようございます。トッシイです。

 

今回は神奈川県に行ってきました。

 

神奈川県って思った以上に広い県で、東西南北に広がっています。

 

今回はその北の方にあたる相模原方面に向かいました。

 

ただ相模原のお店ってどこもお昼過ぎからで、多くが夕方から夜の営業開始なんですよね。

 

なのでちょっとそこから南下したところにあった「桜ヶ丘」という場所にあるお店に寄ってきました。

 

今回の目的地は

 

麻雀堂匠 神奈川県の桜ヶ丘

 

です。

 

麻雀王国に掲載があるお店で、丁度1年くらい前にできたお店のようです。

 

基本的に朝10時からやってます。

 

駅からは徒歩圏内です。

 

こちらです。

 

 

 

 

お店に入ると既に人がいて、これから卓が立つ感じ。

 

既に4人以上集まっていて、スタッフもどうやら3人体制っぽい感じです。

 

おまけに年齢層が結構若い。

 

待ち席でルール説明を受けました。

 

・1.0-1000-2000

・ゲーム代600

・トップ賞300

・テンパイ連荘

・赤が各5に1枚ずつ

・門前祝儀300

・55000コールド

・箱下精算なしで、トビ賞300

 

あと、初回からゲーム代がハーフバックになります。

 

こちらがルール表

 

使用した麻雀卓です。

 

多分全卓アルティマだったと思います。

 

 

お店の雰囲気はこんな感じで、朝から既に常連さんやスタッフで賑わっていました。

 

このあたりを巡るときに朝から来るならここが一番よさそうです。

 

麻雀好きのにーちゃんや、おやじ連中がごそごそと朝っぱらから集まって、

 

「このまえさー、リーチイッパツスーアンコーに振り込んだんだよー」

「えっ?なにそれ」

「スッタンなのにリーチしてきててさー(笑)」

 

とか、話してるんだけど

 

控えめにいっても最高な空間ですね(笑)

 

 

やはり自分が埼玉から来たってのは驚かれていて、色々質問されました(^^;

 

話をしていると同卓者の一人が

 

「俺も旅打ちみたいなことしたことがあってさー。俺は東北のほうまわったんだけど」

 

というようなことをいっていたんですよね。

 

 

 

あー、これが待ち席だったら沢山話ができたんだろうけどなーと思いました(^^;

 

麻雀の結果は

 

2着→3着

マイナス1400

 

でした。

 

本当にリーチが空振りまくりで、きつかったです。

 

初戦は自分がラス親で、2着やめしたんですよ。

 

トップとも3着とも4000点ちょっとの差。

 

これだと少し迷ったんですが2着やめしました。

 

ワンスリーだと当然続行だけど、ワンツーだと2着と3着の差のほうが1着と2着の差より大きいんですよね。そういうのもあって昔から2着やめすることを徹底しているんですが、どうなんでしょうね(笑)

 

だってその場の雰囲気は多少「えっ?」ってなって悪くなりますから(笑)

 

なんにしても、お店の雰囲気は非常に居心地がよくて常連さんになったら友達も沢山できるんじゃないかなーと思えるような空間でした。

 

好きな感じのお店(^^)

 

というわけで

 

麻雀堂匠 神奈川県の桜が丘

 

楽しく打てました。

 

ではでは。

 

※こちらのコンテンツも自主制作しています(^^)

 

 

 

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました