【フリー雀荘 1248店舗目】寿 東京都の落合南長崎

フリー

仕事帰りに打ってきました。

向かったのは

寿 東京都の落合南長崎

です。

ネットの検索では出てくるのですが、何度そこにある電話番号に電話をしても繋がりません。

というか「その電話番号は使用されていません」という案内になります。

こういうケースの場合は、ほぼ間違いなく閉店しています。

でもGoogleの口コミをみると

「明け方までやってる。そろそろ通報しようか迷ってます」

なんていうクチコミが少し前まであったりするので非常に不思議に思ってました(笑)

なので、もうとりあえず可能性に賭けて乗り込んでみるか!となったわけです。

落合南長崎という駅自体初めてだったんですが、まさかあんな住宅街の中にお店があるとは。

こちらです。

やってましたw

店内の様子です。

ごちゃごちゃしていますが、なかなか綺麗なお店でした。

到着したときは、ママさんとスタッフのおじーちゃんがいたんですが、早速ママさんに

トッシイ「電話が繋がらないんですけど、電話番号ってあるんですか?」

ママさん「もうね、電話やめちゃったのよ。今はあたしの携帯電話だけ」

そんなことある??ww

もはや完全に常連さん向けの紹介制みたいな感じになってます。

ここでちょっと思ったんですよ。

あー-。電話が繋がるようなお店は場末雀荘なんていっちゃいけないよなーとwww

それからすぐに

ママさん「ルール説明してあげて」

とご年配スタッフに行ってくれたので、

トッシイ「ルール表はありますか?そしたらそれ読みますけど」

ママさん「ルール表はないのよ

トッシイ「(当然)そうですよね

と言うやり取りのあと、ご年配スタッフがルール説明を口頭でやってくれたんですが、これがまた凄かった。

おじいちゃんスタッフ「うちは完全先づけだから

タイミングよく来店した常連さん「違う!ありありでしょーよー!

おじいちゃんスタッフ「赤が入ってて5pに一枚入ってるから

トッシイ「他ははいってないんですか?」

おじいちゃんスタッフ「ピンズだけ

タイミングよく来店した常連さん「違う違う!萬子とゾーズもあるでしょうよ!

もはやカオスwww

ルール表がないのはまだしも、スタッフがこうまでルールを間違えて覚えているとか。

というか単純にボケが始まってしまっているだけなきがしますが(^^;

ということで常連さんに教えてもらったルールです。

・1.0-1000-3000

・ゲーム代500

・トップ賞?

・テンパイ連荘

・赤が各5に1枚ずつで、門前祝儀500

こんなところです。

とりあえず、メンツがそろったので卓を立ててもらえることに。

使用した麻雀卓です。

同卓した方々です。

ママさん

おじーちゃんスタッフ

常連さん

トッシイ

で打ったんですが、序盤ちょっとだけ驚きました。

ママが序盤、ツモるより先に切ってました(笑)

いつもやるわけじゃないんだと思いますが、序盤あきらかに要らない牌がある場合は先ギリっぽい感じで河に先に捨ててからツモってましたw

だから自分はちょっとうまくタイミングがあわずに、

ママ「もう切ったよ」

と言われて、自分がなんかツモ番を忘れてるって感じになっちゃってましたね(笑)

下家のおじーちゃんスタッフはかなり感情を表に出すタイプで、あがれないと非常に悔しそうにしてました。

結局一番冷静だった常連さんが勝つ形になり、2ゲーム打った結果は

2着→4着

マイナス6000

となりました。

この面子で負けたのはちょっと尾を引きそうです(^_^;)

いやー。

追いかけリーチちたら3ケン目が追いかけてきて、それに一発で跳満打ち込んだのが敗因なんですが、どうしようもなかったなー・・・。

帰り際にこのあたりのお店のことを聞きましたが、現在はこのお店1件のようです。

現在は住宅街しかない場所ですが、昔はこのあたりにも何軒もフリー雀荘があったようです。

こういう話を聞くたびに

その時代に雀荘巡りをしたかった

そういう気持ちにさせられてしまいます。

そうそう。

お店は平日は19時から。土日は昼過ぎから開けているそうです。

というわけで

寿 東京都の落合南長崎

楽しく打てました。

ではでは!

こちらのコンテンツも自主制作しています。

タイトルとURLをコピーしました