【フリー雀荘 594店舗目】雀荘カフェアンダンテ 東毛呂 ノーレート

フリー
この頃の自分は病魔に取り付けれたように、健康麻雀のお店の検索を繰り返していました。
 
それこそ、関東圏内に存在する健康麻雀のお店。その全てに行ってみたいという欲求とともに。
 
検索する方法も様々でしたが、このときは「カフェ」という単語で検索していました。
 
カフェという名前が付くお店なら、もしかしたら健康麻雀をやっているかもしれない
 
という感じ。そういう細い糸をたどることも多いです。もう「教室」「アカデミー」などの単語は調べ尽くしてしまいました。
 
そんななかで雀サクにて発見したのが今回のお店です。
 
というわけで、今回向かったのは
 
雀荘カフェアンダンテ 埼玉県の毛呂山
 
です。
 
この毛呂山という地名がわかる人は、漏れなく埼玉県民だと思われます。
 
越生線の東毛呂の駅からは徒歩5分程度でした。
 
ちなみに、早くつきすぎてしまったため、最寄りの「いなげや」のイートインで時間を潰してから向かいました。
 
こちらです。
 

 
「健康麻雀」とかかれた旗を見たときは、流石にジワッっときました。
 
この感覚は旅打ちをしている人にしかわからないかもしれません。
 
このときの自分は少し泣きそうでした。
 
こちらがその旗です。

 
自分はよく雀荘巡りをする者にとって、雀荘こそが観光地であると表現します。
 
そういう意味で、この東毛呂にある雀荘カフェアンダンテは、
 
秘境
 
と呼んで差し支えない場所だと思います。
 

 

 
こちらが検索でヒットしたお店のページ
 

 
マージャン王国にもありましたが、こちらは「アンダンテ」という名前でした。
 
お店の名前に「雀荘カフェ」と付けてくれた雀サクに感謝します。
 
そして、
 
コメント欄に「健康麻雀」という単語を書き込んでくれた同志に感謝します。
 
電話をするとおばあちゃんが電話に出ました。どうやら、このおばあちゃんが一人でやりくりしているようでした。
 
というわけでスタッフ1人体制なので、当然完全予約制です。
 
そのかわり、年中無休ということです。
 
到着して話を聞いてみました。
 
もともとこの場所は、普通のカフェだったようです。でもそのカフェも下火になってきた頃に、たまたま麻雀の話しになったようです。
 
常連さんの中には麻雀好きの方が多くて
 
「とりあえず麻雀卓をお店に置いてみた」
 
らしい。
 
その出来事が、この雀荘カフェアンダンテの原点となりました。
 
そこから口コミで麻雀好きが集まるようになり、
 
今では麻雀卓を2台に増やして、このお店の名簿に登録している常連さんの数は、現在50人程度に増えたらしい。
 
そしてカフェはもうやめちゃったみたいです(^^;
 
今回は1卓丸で立ちました。
 
同卓者は、
 
おじいちゃん2人
おばあちゃん1人
 
でした。
 
オーナーのおばあちゃんは、その卓のまわりをウロウロしながら見学していました。
 
コーヒーが2杯まで無料でおばあちゃんが淹れてくれます。この味が往年のカフェの味・・・ではなくて、
 
ただのインスタントコーヒーでした(^^;
 
それではシステムなどです。
 
・完全予約制
・13時から17時
・1500円
・コーヒーが2杯まで無料
・普通の赤なしのアリアリ
 
こちらが利用した麻雀卓です。
 

 
まったりした雰囲気のなか、4ゲーム打ちました。
 
結果は
 
4着→2着→1着→2着
 
でした。
 
室内も殺風景で、広いスペースに麻雀卓が2卓置いてある場所。
 
でも自分にとっては最高に「ここにこれて良かった」と思える場所でした。
 
というわけで、
 
雀荘カフェアンダンテ 埼玉県の東毛呂
 
記憶に残る雀荘となりました。
 
次回は
 
錦糸町
 
に向かいました。
 
ではでは。

■全国のフリー雀荘・麻雀店の検索

全国のフリー雀荘・麻雀店検索
全国にある雀荘・麻雀店を実際に訪問してまとめました。全国の麻雀店を探すときに参考にしていただければと思います。

■健康麻雀&ノーレート麻雀検索

健康麻雀&ノーレート麻雀・雀荘検索|ホーム
健康麻雀、ノーレート麻雀店、ノーレート雀荘の検索サイトです。このホームページは、健康麻雀・ノーレート麻雀店に行きたいと思った人が、苦労せずにそのお店の存在に気付けることを目的に作りました。今後もしこのページを見た人が、健康麻雀・ノーレートの麻雀の世界に触れるきっかけとなっていただければ幸いです。

■トッシイの麻雀店巡り(Yotube)

トッシイの麻雀店巡り
麻雀が大好きで、日々麻雀店巡りをしています。その記録をチェンネルの残していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました