【フリー雀荘 977店舗目】麻雀ぱぱ 千葉県の銚子

フリー

私の雀荘巡りにおいて、決して忘れることのでいない1日となりました。

 

麻雀ぱぱ 千葉県の銚子

 

です。

 

お店の雰囲気が良かったことはもちろんですが、麻雀仲間と一緒に車で旅打ちをするという、素晴らしい思い出が作れました。

 

この日に限らず、遠征先で一緒に雀荘巡りに付き合ってくれた方々も沢山いて全て一緒の宝物となっています。

 

今回の麻雀ぱぱは千葉県の銚子にあります。

 

銚子といえば関東地方最東端で有名ですが、その場所にあるということで

 

麻雀ぱぱは、関東地方最東端のフリー雀荘

 

とい言い換えることもできるでしょう。

 

お店に電話すると、朝10時半にはお店を開けてくれるということで、土曜日の朝10時半に行くと伝えました。

友人も一緒に連れて行くという話をしたら「どうぞどうぞ」ということでした。

 

早速雀荘仲間に連絡し、友人2名と朝7時過ぎに集合し車で向かうことになりました。

 

車は友人の一人が出してくれるということで、その言葉に甘える形にしました。

 

銚子に向かうまでの間は、台風が過ぎ去った青空が綺麗で、非常に楽しいドライブとなりました。

 

というわけで前置きが長くなりましたが、こちらが麻雀ぱぱです。

 

 

 

お店につくと、マスターが迎えてくれました。

 

このマスターこそ

 

「ぱぱ」

 

でした

 

何を言っているのかわからないかもしれませんが、常連さんみんなから

 

「ぱぱ」

 

と呼ばれているのがマスターでしたw

 

お店の名前そのまんまでしたね(笑)

 

非常に温厚で優しそうな方で安心しました。

 

ルール説明を受けました。

 

・0.5-1000-2000

・ゲーム代400

・トップ賞100

アガリ連だけどリーチしてればテンパイ連

・鳴祝100

・60000コールド

 

ここに来て、雀荘巡り初となるルールに遭遇しました。

 

アガリ連荘なんだけど、そのときリーチさえしていれば親が続行するというもの。

 

いやー、よく考えたなーと思いますね。

 

アガリ連

テンパイ連

東場はアガリ連、南場はテンパイ連

 

などはよく見ますが、まさか

 

アガリ連だけどリーチしてればテンパイ連

 

だなんて。

 

正直目からうろこでしたね。

 

驚きました。

 

人が集まってくるまでの間はお店の中を観察していましたが、お店も非常にきれいでしたね。グッド。

 

こちらがルール表です。

 

 

使用した麻雀卓です。

 

 

当日は私含め3名だったため、ぱぱが卓組を調整してくれて1対2で分かれて2卓開催となりました

 

最初から3時までと伝えてゲームを開始しました。

 

すると私の下家に座った若い男性が

 

「トッシイさんはどちらですか?」

 

と聞くのです。

 

「私です」

 

と答えたわけですが、

 

いやー、本当にこんな銚子まできて私のことを知っている人と出会って話ができるとか

 

本当にここまで長くブログやツイッターをやってきてよかったなと思います(^^)

 

こうやって声をかけられるのは、最近は結構嬉しいです。

 

和気あいあいとした雰囲気の中で7ゲームぶっつずけで打ちました

 

結果は

 

2-3-1-1

プラス3500

 

でした。

 

楽しい雰囲気のお店でもう少し打ちたかったのはやまやまですが、このあとはどうしても犬吠埼に寄りたかったので、そこから車で行ってきました。

 

こちらです。

 

青のグラデーションがやばい!!

 

 

灯台から見た海!

 

 

 

 

 

どれも絶景でした。

 

友人2人と一緒に灯台に昇って写真を撮って、最後は飯食って帰りました。

 

当然飯代は唯一プラス収支だった私のおごりです。

 

実はちょっと見栄を張ると、この日はプラス3500の価値でしたが、定食屋の値段を知っていたのでその場では嘘をついて、プラス5000ちょっとと言いましたwそうしないと遠慮しちゃいますからね(^^;

 

この日の帰りの車も麻雀の話だったり、車の話だったり、プライベートの話だったりと楽しい時間を過ごせました。

 

最後は喉が枯れてしまいましたね(^^;

 

本当に楽しい思い出をありがとう。

 

一生の思い出になりました。

 

ぜひ今度は新潟まで付き合ってくださいwww

 

というわけで

 

麻雀ぱぱ 千葉県の銚子

 

記憶に残る場所となりました。

 

ではでは。

 

※こちらのコンテンツも自主制作しています(^^)

 

 

 

 
 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました