【フリー雀荘 1127店舗目】麻雀カフェ下赤塚 東京都の下赤塚

フリー
今回は平日の仕事帰りに下赤塚に寄ってきました。

 

下赤塚という場所は非常に思い出が濃い場所です。

 

成増に13年住んで、下赤塚にあったアドアーズにはほぼ365日毎日通っていた時期もありました。

 

その時に必ずといって目に入っていた麻雀セブン。

 

そのセブンが閉店し、そこに新しく麻雀カフェ下赤塚ができたということです。

 

セブンでは今でも2ピンの卓が普通に数卓立つというお店で、少し前に閉店前のセブンに行ったときも2ピン卓が今でも普通に立ちますよという話をスタッフさんから説明されたたばかりでした(^^;

 

友人が給料袋を持ってお店に行き、全部空にして帰ってきたなんてこともありましたが、そういった当時の思い出が蘇ります。

 

というわけで今回の目的地は

 

麻雀カフェ下赤塚 東京都の下赤塚

 

です。

 

実はお店の前に立つまでは、セブンが閉店したというのは信じたくなかったのですが、いざお店に入るとそれが間違いないことを知り、なんというか

 

新しいお店に来たときめき以上に、セブンが閉店してしまったという残念感のほうがつよくて、そのあとは喪失感が強すぎて麻雀の内容はあまり覚えていないんですよね(笑)

 

こちらがお店です。

 

もうここには「小島武夫と打てる店」という看板はなくなっていました。

 

 

 

 

店内は非常に綺麗になっていて、アウトのおばちゃんが「2本持ってきてー-!!」と叫んでいたあの光景を重ねようとしても追い付きませんでした(^^;

 

ルール説明を受けました。

 

・1.0-1000-2000

・ゲーム代600

・トップ賞100

・テンパイ連荘

・赤が各5に1枚ずつ

・門前祝儀300

・箱下精算なしで、トビ賞1000

・60000コールド

 

ソフトピンでした。

 

ルール表はタブレットでした。

 

 

待ち席です。

 

LINE登録するとサービスがあります。

 

 

フリーが1卓で、セットが2卓ほど経っていました。

 

打った麻雀は

 

3着→4着

マイナス9200

 

でした。

 

というわけで

 

麻雀カフェ下赤塚 東京都の下赤塚

 

でした。

 

ではでは。

 

※こちらのコンテンツも自主制作しています(^^)

 

 

 

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました