【フリー雀荘 557店舗目】麻雀マウ 香川県の高松

フリー
四国遠征の最終店舗となります。
徳島の麻雀リングの後は、またまた必殺仕掛人さんに車で高松まで送っていただきました。
もうこの後は、帰りの夜行バス(また11時間の旅)で東京に帰る予定です。
その前に、折角なのでということで高松にある4人打ちのお店に行くことになりました。もちろん必殺仕掛人さんも一緒です。
向かったのは
麻雀マウ  香川県の高松
です。
こちらです。

日曜日の夜。
フリーが2卓とセットが1卓立ってました。
店内に入ったときの第一印象は、
「あれっ?ここ四国ですよね」
いや、四国に対する偏見でしかなかったわけなのですが、店内が非常に明るくて綺麗。蛍光灯何本あったんやろ(^^)
そしてルールもマーチャオっぽい感じで、なんか普通に都内のお店に入った感覚にさせられました。
それではルールなどです。
・0.5-500-1000
・ゲーム代350
・トップ賞200
・アガリ連荘
・赤は各5に一枚ずつ
・鳴き祝儀100
・60000点コールド
・腰牌のチェック牌あり(現物のみ)
・途中流局一切無し
・役満祝儀が出あがり1000、ツモ400。400って珍しくないですか?
それから、これは初めて見たのですが
・1,000点罰符は卓外に出す
ってやつ。
オンレートフリーでは相当珍しいのではないかと。
こちらがルール表

打ちやすいルールで、四国以外から遠征してきた人もすぐ打てそう。
今回は久しぶりに、オンレートフリーでTwitterのフォロワーさんと同卓。必殺仕掛人さん。
結果は
1着→4着
プラス550円
でした。
メンバーさんも気持ちのよい方々で、お客さんも静かに打っていて好感触でした。
楽しく打てました(^-^) 
これにて四国遠征は終了です。
このあとは必殺仕掛人さんに高松駅まで送っていただいて、その後は高速バスで東京まで11時間かけて帰りました。
四国では
キスケ麻雀JAO
麻雀カボ高松
麻雀リング
麻雀マウ
の4店舗を巡りました。
とくに、キスケ麻雀JAOと麻雀リングは、非常に記憶に残る雀荘となりました。
多くのフォロワーさんとも会って話ができ、とても思い出に残る旅となりました。
でも今度来るときは
絶対にジェットスター使います(笑)
次回なのですが、一旦東京に戻ってから
再び
静岡、大阪、京都、和歌山
へと遠征に向かいました。
ではでは。
※こちらのコンテンツも自主制作しています(^^)
 

 

 

https://free-mj.com/ 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました