【フリー雀荘 972店舗目】フレンド 千葉県の稲毛海岸

フリー
今回は
 
フレンド 千葉県の稲毛海岸
 
に行ってきました。
 
このお店は自身のホームページで
 
「スタッフに規制を設けてありますので、お客様が有利となるルールを採用しています」
 
と公言しているお店でした。
 
あさイチで同じ稲毛海岸にある「トップ」で打っていたのですが、そのあとにフレンドに行くというと常連さんからは一斉に
 
「あそこは行かないほうがいいよ」
 
と声が上がりました。
 
いったいどんなところなんだろうか。
 
こちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内に入るとフリーが1卓立っていました。

 

 

 

なんとメンスリー。

 

 

 

すぐに終わって、そのフリー卓のすぐ横にある待ち席で軽くルール説明をうけました。

 

 

 

・1.0-1000-2000

 

・ゲーム代700

 

・トップ賞なし

 

・赤が各5に1枚ずつで、赤5pのみ2枚

 

・門前祝儀500

 

・箱下精算なし

 

・トビ賞500

 

・オープンリーチあり

 

 

 

壁に貼ってあったルール表です。

 

 

 

この黒く塗りつぶしてあるところに何がかいてあったかは想像がつきます。

 

 

 

 

 

使用した麻雀卓

 

 

 

ホームページには様々なメンバー規制がありました。

 

 

 

もろひっかけはもちろん、仕掛けたら2000点以上とかいろいろ。

 

 

 

その中でも類を見ない成約だったのが

 

 

 

「スタッフが2名以上同卓の場合は、1000点ずつハンデとして点棒をもらえる」

 

 

 

というやつ。

 

 

 

そして今回スタッフ2入りとなったわけですが、

 

 

 

やはり点棒はもらえず。

 

 

 

結局すぐ悟りましたが、ホームページだけが残ってしまい、ルールの変更があっても反映されていないということ。

 

 

 

そういうお店は腐るほどあると思いますが、やはりその類でした。

 

 

 

以前にもツイッターのbotがずっと動きっぱなしで、営業時間の変更があっても関係なく「朝から空いてます」と案内があり、行ってみたらやってなかったなんてこともありましたが、こういうSNSを含むツールっていうのはメンテナスをする人がいなくなると、結果的にお店の不利益になることもあるんですよね。

 

 

 

それは置いておいて

 

 

 

すぐに気づくのが

 

 

 

私以外スタッフも含めて全員先ヅモしてる。

 

 

 

先ヅモにもそのスピードには段階があると思っていますが、今回の先ヅモはあまりにもスムーズで驚きました。

 

 

 

そりゃあそうでしょう。スタッフが先ヅモをしているのだから。

 

 

 

先ほどの黒く塗りつぶされていたのは、先ヅモ禁止の文字だったんじゃないかと思いますね。

 

 

 

すぐにマスターが寄ってきて

 

 

 

「うちは先ヅモだから。。遅いと嫌になる人もいるからね」

 

 

 

と言ってきた。

 

 

 

でもさ。

 

 

 

これって本来ルール説明のときに言ったほうがいいですよ。

 

 

 

おそらく頑固なジーちゃんが新規でくるようなことがあれば、この段階でおそらく

 

 

 

喧嘩

 

 

 

になるんじゃないだろうか。

 

 

 

トップの常連が「あそこだけは行かないほうがいい」と言っていた意味が理解できました。

 

 

 

とはいえ自分は先ヅモはもう、「別にどっちでもいい」というように慣れてしまっているので、

 

 

 

「わかりました」

 

 

 

の一言でした。

 

 

 

逆に言えば、最近は先ヅモをする人がいないピンのフリーにいくとそれだけで驚いてしまったりします。

 

 

 

そのくらいいまだに昔からやってるピンのフリー雀荘では先ヅモが許容されているという現実がありますね。

 

 

 

それに安心したマスターがお店から出て用事を足しにいったんだけど、そのときにスタッフに対する

 

 

 

高圧的な物言い

 

 

 

が気になった。

 

 

 

スタッフももちろん相当なご年配だったわけだけど、そんな言い方あるかねwって感じの上からの物言い。

 

 

 

その後はフリーが1卓

 

 

 

対面に多分日本人じゃない常連の若い男性と、左右にご年配のスタッフ2名という構図に。

 

 

 

いやー。なんだこの空気って感じでした。

 

 

 

賭場ってこんな感じなのかな?

 

 

 

って思った。

 

 

 

もうだれも私語を吐かない。

 

 

 

すごいスピードで打っていて、チップだけがやりとりされる。

 

 

 

3面ちゃんは全てオープンリーチしてた。常連もスタッフも全員がw

 

 

 

オープンありのお店でも、ここまでオープンしまくるお店も初めてでした。

 

 

 

もしかするとスタッフの制約で3面ちゃん以上はオープンが義務付けられているのかもしれません

 

 

 

麻雀の結果は

 

 

 

 

 

2着→2着

 

プラス3600

 

 

 

 

スタッフはどちらもぼろぼろ負けの様子でした。

 

 

 

そしておそらくこの対面のかなり怖そうな氷のような雰囲気のにーちゃんがこれで3連勝(その前がわからないからもっと勝ってるのかも)

 

 

 

ちょっとねー。

 

 

 

麻雀中もスタッフに対してこの常連のにーちゃんが完全にため口というか、「上から目線」で話しかけてるのよ。

 

 

 

ちょっとカオスすぎるだろ。
 
初心者なんかがここに来たら泣いて帰りますね。
 
2ゲーム目の途中で帰ってきたマスターに
 
「ラス半です」
 
といったら、多分華で「ふんっ!」ってされたと思う。
 
当然そのあとの精算でも一切の会話無しww
 
うーむ
 
なんでこのお店これでやってけてるの??
 
これもしかしてずっとメンスリーで打ってるんじゃないのとさえ思ってくる。
 
変な想像だけど、スタッフさんどうやって持ちこたえてるんだろうか・・・・。
 
といわけで
 
フレンド 千葉県の稲毛海岸
 
いずれにしろ強烈に記憶に残ったお店の一つとなりました。
 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

※こちらのコンテンツも自主制作しています(^^)

■全国のフリー雀荘・麻雀店の検索

全国のフリー雀荘・麻雀店検索
全国にある雀荘・麻雀店を実際に訪問してまとめました。全国の麻雀店を探すときに参考にしていただければと思います。

■健康麻雀&ノーレート麻雀検索

健康麻雀&ノーレート麻雀・雀荘検索|ホーム
健康麻雀、ノーレート麻雀店、ノーレート雀荘の検索サイトです。このホームページは、健康麻雀・ノーレート麻雀店に行きたいと思った人が、苦労せずにそのお店の存在に気付けることを目的に作りました。今後もしこのページを見た人が、健康麻雀・ノーレートの麻雀の世界に触れるきっかけとなっていただければ幸いです。

■トッシイの麻雀店巡り(Yotube)

トッシイの麻雀店巡り
麻雀が大好きで、日々麻雀店巡りをしています。その記録をチェンネルの残していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました