【フリー雀荘 1043店舗目】麻雀クラウン 兵庫県の元町

フリー
大阪から始まった年末年始遠征
 
ここまで
 
大阪→岡山→小倉→山口→博多→熊本→鹿児島→博多
 
と移動してきました。
 
遂にここからは本州に戻り、東に向かっていきます。
 
朝早く博多駅前のホテルを旅立ち、新幹線に乗りました。
 
向かったのは
 
兵庫県の元町
 
です。
 
ここでは、鳥取、島根、広島、岡山なども考えたのですが、やはりこのあたりは3人打ちが打てるようになってからのほうがいいなと判断しました。
 
そういうわけで、4人打ちのお店で行っていない場所がある兵庫県方面に向かうことにしました。
 
まず向かったのは
 
麻雀クラウン 兵庫県の元町
 
です。
 
こちらです。
 

 

 
すぐ近くにウィンズがありましたが、その裏手の路地でした。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり旅打ちでは朝からオープンしているお店は魅力的で助かります。

 

 

 

あらかじめ電話確認をしてありましたが、しっかり10時にはお店が開いていました。

 

 

 

ちなみに10時オープンなのは土日のみです。

 

 

 

卓数は7卓。

 

 

 

店内は綺麗で、トイレもチェックしましたがこちらも綺麗。

 

 

 

 

10時の段階ではスタッフは1名でした。

 

 

 

レートは、ピンとテンゴの2レートありますが、テンゴが立つのは昼過ぎから夕方になるようです。

 

 

 

以前ならこういうケースでは

 

 

 

「じゃっ、夕方きますね」

 

 

 

として夕方に再訪するパターンだったんですが、今ならピンでも打てる自信はついているので、もちろんそのままルール説明を受けました。

 

 

 

オーソドックスなピン東南でした。

 

 

 

・1.0-1000-2000

 

・ゲーム代600

 

・トップ賞200

 

・アガリ連荘

 

・赤が各5に1枚ずつ

 

・門前祝儀500

 

・箱下精算なし

 

・飛び賞なし

 

・1本場1500

 

・ダブロンなしの頭ハネ

 

・60000コールド

 

 

 

こちらがルール表です。

 

 

 

 

 

自分が一番最初のお客だったもので、しばらく待ち席で待ちましたが、15分ほどすると常連のおじーちゃんらがポツポツと来店。

 

 

 

すぐに丸で卓が立ちました。

 

 

 

おまけに自分が帰るお昼ころには2卓目も立っていました(^^)

 

 

 

麻雀を打っている最中の、スタッフさんと常連さんのやりとりはほのぼのしていてよかったな。

 

 

 

新規の自分も普通に会話に混ざることができたし、新規でも入りやすいお店だと思いました。

 

 

 

麻雀の結果は

 

 

 

 

3着→2着

 

マイナス2000

 

 

 

でした。

 

 

 

九州での麻雀は本当にルールもいろいろと複雑な場合もあったりで忙しかったんですが、
 
こういうワンツーの面前祝儀を打つと、ほっと一息って感じがしますね(^^)
 
というわけで
 
麻雀クラウン 兵庫県の元町
 
楽しく打てました。
 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

※こちらのコンテンツも自主制作しています(^^)
 
 

■全国のフリー雀荘・麻雀店の検索

全国のフリー雀荘・麻雀店検索
全国にある雀荘・麻雀店を実際に訪問してまとめました。全国の麻雀店を探すときに参考にしていただければと思います。

■健康麻雀&ノーレート麻雀検索

健康麻雀&ノーレート麻雀・雀荘検索|ホーム
健康麻雀、ノーレート麻雀店、ノーレート雀荘の検索サイトです。このホームページは、健康麻雀・ノーレート麻雀店に行きたいと思った人が、苦労せずにそのお店の存在に気付けることを目的に作りました。今後もしこのページを見た人が、健康麻雀・ノーレートの麻雀の世界に触れるきっかけとなっていただければ幸いです。

■トッシイの麻雀店巡り(Yotube)

トッシイの麻雀店巡り
麻雀が大好きで、日々麻雀店巡りをしています。その記録をチェンネルの残していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました