【フリー雀荘 1083店舗目】女神 東京都の小岩

フリー
あさイチでRAKURAKUで打ってきました。

 

帰り際にお店のマスターさんと雑談することができたのですが、その話の中で

 

近くに自分がまだ行っていないお店があることがわかりました。

 

少し前まで「モナリザ」というお店だったのですが、今は女神というお店になっているようで、お昼くらいから営業しているはずとのことでした。

 

RAKURAKUからは徒歩1分程度の場所にありました。

 

というわけで今回の目的地は

 

女神(ヴィーナス) 東京都の小岩

 

です。

 

こちらです。

 

 

 

 

いや、この殺風景な扉

 

もうちょっとなんとかならんのかって思いましたねw

 

組事務所がなんとかって書いてあったんだけど、真っ先にその「組事務所」って単語が入ってきちゃって

 

「あっ、ここ入っちゃあかん場所ちゃう?」

 

って思ったんですよね(笑)

 

 

店内に入ると、スタッフが2名に常連客とみられる男性が1人ソファーに寝そべっていました。

 

予想通りの光景に一安心w

 

ただそのすぐ後に飛び込んできたのが、コロナ対策がなされている麻雀卓。

 

お店のドアだったり、お店の従業員・常連客の雰囲気とかけ離れたその麻雀卓に驚きを隠せませんでしたね(笑)

 

広くて明るい店内

 

 

コロナ対策のなされている麻雀卓

 

 

でも結局ノーマスクな従業員と常連客というギャップも面白かったですね(^^;

 

軽くルール説明を受けました。

 

しかしまー、このルール表が見づらかったなーw

 

いい味でてる。

 

・1.0-1000-3000

・ゲーム代600

・トップ賞200

・赤が各5に1枚ずつ

・門前祝儀500

・55000コールド

・箱下精算なし

・トビ賞500

・オーラスの親は2着やめあり

 

こちらがルール表

 

 

部屋にいた4人で卓を囲んだわけですが。

 

完全にこのときの麻雀は

 

麻雀は席!!

 

を体現したようなゲームでしたね。

 

いやー。

 

もういろいろなことが重なり、すべての悪い予想が当たるという。

 

自分と常連客の人がとにかくついてなくて、他の2席が吹きまくり。

 

2ゲーム目には常連が2名やってきて丸で打ちましたが、状況は変わらず。

 

何をやってもダメな2人に対して

 

バイセンゴ

ハネニセン

 

などの呪文を唱えまくる2席。

 

あまりのキツさに久しぶりに

 

気持ち悪くなってしまったww

 

それでも気を保とうと努力をしたんですよ。

 

こういう時にマイナスを最小限にするのが大事!と心に言い聞かせて。

 

は~(^^;

 

麻雀は

 

3着→4着

マイナス11,000

 

くらいでした。

 

最後の100単位はちょっとそのまま収めちゃったのでわかりません(^^;

 

いずれにしろ久しぶりにボコボコにされたなーって感じでした。

 

対して負けてないじゃないか!という人もいるかもしれませんが、内容がキツすぎましたね(^^;

 

というわけで

 

女神(ヴィーナス) 東京都の小岩

 

でした。

 

なんにしても、お店のドアをもうちょっとなんとかしよーぜという感じです。

 

ではでは。

 

※こちらのコンテンツも自主制作しています(^^)

 

 

 

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました