【フリー雀荘 1250店舗目】大三元 群馬県の高崎

フリー

今回は土曜日に群馬県まで行ってきました。

以前はよく電車で行っていたのですが車で行きました。

雀荘が駅から比較的遠い場所に点々としているというのが理由の一つです。

自宅のある鶴ヶ島市から群馬までは大体車で1時間程度。

この前言った静岡と比べると大分近いですね。

それではまず最初に向かったのは

雀荘大三元 群馬県の高崎

です。

こちらです。

車で行く場合はお店のすぐ隣にある駐車場の一番奥まで突っ込んでおかないと、あとで移動させられますw

自分は数回しか打たない予定だったので、あさイチに手前に停めちゃったんですがやっぱり移動することになりました(^^;

大三元は朝10時からオープンですが、自分が到着したときは徹夜組のフリーが1卓既に立っていました。

店内の様子です。

10時を回ると続々と常連さんが来店してきて、数卓立つようです。

スタッフはご年配が多くて、みなさん熟練スタッフという感じで個人的にテンションがあがりました(笑)

それではルールなどです。

・1.0-1000-2000

・ゲーム代600

・トップ賞200

・テンパイ連荘

・赤が各5に1枚ずつで、門前祝儀500

・オープンリーチあり

オーソドックスなルールです。

少し変わっていたのが、役満祝儀

ロンあがり1000で、ツモアガリ500でした。

ピンのレートとしてはかなり少ないと思います

こちらがルール表です。

やってきた常連さん3名と打ちました。

あとからわかったのはその常連さんの打ちの1名は、なんとこのお店のオーナーさんだったようです。

夜番のスタッフが帰るときや、朝新しく来たスタッフがやってきてオーナーに深々と頭を下げていきました(^^;

麻雀中は自分が雀荘巡りをしていることも話したのですが、それほど盛り上がることもなくサーっと打ちました。

ちなみに

先ヅモは一切ありませんでした。

この日他にあと3店舗行きましたが、どのお店でも先ヅモは禁止となっていましたね。

自分の印象だと

群馬は先ヅモ天国という印象だったのですが、それは思い違いだったようですね・・・。

やはり経験が浅いと自分の経験したことの中だけで、全体を誤って解釈してしまうということがありますよね(^^;

ちょっと反省しています。

麻雀の結果は

2着→3着

マイナス3600

でした。

麻雀は負けてしまいましたが、なかなか楽しく会話しながら打てる卓で、お店の雰囲気も明るくていいお店でした。

というわけで

雀荘大三元 群馬県の高崎

楽しく打てました。

ではでは!

こちらのコンテンツも自主制作しています。

タイトルとURLをコピーしました