【フリー雀荘 208店舗目】麻雀倶楽部まぁいいじゃん 五反田

フリー
最近、雀荘専用の小銭入れを手にいれた、トッシイです。
 
フリーに行ったときの収支計算は意外に大変です。そもそも何も考えずに携帯にメモるとかしてると、ヒートアップしたときに忘れがちになります。なので、今までは財布の中身を覚えておいて、あとで差し引きなんてこともやってました。
 
今回はたまたま小銭入れのようなものを人からもらいました。で、今回はその中の一万だけ詰めておきます。自分の財布はもう使わない。そうすると帰るときに収支がすぐわかる。
 
でも、この今回の小銭入れだと、札がもうぐちゃぐちゃになる(笑)だめだこりゃ。
 
なので考え方はいい気もするので、雀荘専用の財布を買おうと思います。
 
さて、今回向かったのは五反田にある唯一?の0.5雀荘です。
 
まぁいいじゃん 五反田店
 
駅からは信号待ち含めると数分かかりますが、山手線のこのあたりだと、0.5となると目黒のオオトリか、この五反田の、まぁいいじゃんあたりになるのかなーと。貴重。
 
このまぁいいじゃん。ホームページをみると15周年を迎えたそうですね。長い。自分の麻雀の原点の麻雀古里はもう65周年くらいだから・・ってのは置いておいて(^^;
 
こちらが外観です。

 

 

 
たしかこの、まぁいいじゃんは、ゲストなんかもたまに呼んでいたと思います。Twitterでたまに見かけた気がする。
 
お店に入ると、平日の夜だけあってフリーが結構立ってました。やはりこのあたり、雀荘自体が少ないですもんね。それもあるのかな。
卓数は少な目で、お店も縦長で狭いけど、活気がありましたね。
 
到着すると、すぐ卓が立ちそうだったので、自分でルール表を一読。
 
「新規ですが、もうルール読んだんで大丈夫っす」
 
っていったら、そのままスタートできた。このあたりはある程度慣れてそうな人かは判別してるんだと思う。
 
ルールです。
 
・0.5の500円1000円
・ゲーム代400円
・トップ賞100円
・テンパイ連荘
・赤は各5に1枚ずつで、面前祝儀100円
・60000点終了あり
・途中流局ありで、親流れ。ただし、四人リーチは続行
・白ポッチありで、一発ツモのみ。
 
ちなみに2ゲーム打ったけど、この場所は初心者向けではないなとは思った。他の卓も覗いてたけど、無発声とかも普通にあったし、強打も普通に許容されてる感じ。メンバーもそれはOKとしてるみたいだから、初心者はきつそう。
まー自分以外の全員が、ずっと小手返ししてて永遠カチャカチャしてたのは、正直うるさくていやだったけど。まさに小手返し三重奏って感じ。でももう最近はメンバー以外のマナ悪は、大抵のことは許容できるようになったので、小手返し以外は普通に気分よく打てました。
 
会話も面白いし。
 
ただ自分の上家の人。1ゲーム目の途中で電話とかいって代走でいなくなったけど、自分が帰る2ゲーム目の終わっても帰ってこなかった。さすがにメンバーも困ったなってなってた。同卓者も「これはないよね」と(^^;でも常連さんだから、もしかしたらこういうのとたまにあるのだろうか。
 
麻雀王国にあるように、雀荘の雰囲気はアットホームそのもので、常連さんはみんな知り合いだし、仕事帰りのサラリーマンも「あっちーなきょーも」って感じで入ってくる感じ。
 
ゲームのほうは、2ゲーム打てました。明らかに調子がわるかった対面の強打と愚痴が酷くなったので、ラス半。
 
結果は
 
1着→2着
1-1-0-0
プラス3000円ピッタリ
 
でした。
 
やはり五反田含めて、山手線のこのあたりは0.5が少ないので貴重ですね。
 
でわでわ。

 

※こちらのコンテンツも自主制作しています(^^)
 

 

 

https://free-mj.com/ 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました