【フリー雀荘394店舗目】いばらき健康麻雀友の会 竜ヶ崎 ノーレート

フリー
今日の東京はめっちゃ寒い。もう上着やらカーディガンやらが必要です。
そうか、もうすぐ10月なんですね。今年もあと数ヶ月。今年やりたいと思ってたことがやれてるだろうか。
・なんらかのリーグ戦に参加する
・ある程度積極的にリアルでも交流する
こんな意味合いでした。どちらもなんとなくですが、達成できてる気がします(^^)
それでは話を切り替えて、雀荘巡りです。
今回は茨城県まで行ってきました。
茨城県といえば、土浦健康麻雀クラブに行ったときのこことを思い出しますね(^^)
そんな土浦からは30分程度の場所にある、竜ヶ崎という駅が今回の最寄り駅。途中の佐貫という駅で「関東鉄道竜ヶ崎線」というのに乗り換えます。この電車に乗って移動していると「あー、旅してるなー」なんて気分になります。
最寄り駅の竜ヶ崎から徒歩5分程度のところに、相当に寂れている商業施設があります。その一角に今回の目的地がありました。
いばらき健康麻雀友の会   竜ヶ崎  ノーレート
こちらです。

ちなみにこのお店の名前にある
いばらき健康麻雀友の会の「いばらき」というのは茨城県から取ったものではないんです。このお店を始めたオーナーさんの苗字らしい。とうやら茨城県には「いばらき」という名前が多いらしい。
それではこちらのお店のホームページなどです。
こちらがホームページ
そしてスケジュールのページです。
土日もやっています。
都内からなら休日お出かけパックを使えば、往復3000円程度です。それは冒頭にあった土浦健康麻雀クラブも一緒です。だから頑張ればこの2店舗をはしごするなんてことも出来そうですね。
店内に入るとお店の広さに驚きました。とにかくゆったりとした空間に卓数は9卓くらい。そのうち4卓が自動卓(点数表示なし)です。
そういうわけで、人が多くなると手積みも体験できるというわけです(^^;
そして嬉しいのが、初回は体験扱いで無料で1日遊ぶことができます。
次回からは1,080円。かなり安いと思います。
そしてこれはすぐ気づくのですが、お店のオーナーさんがメッチャ若い。えっ?女子大生ですか?ってレベル。
実はこのお店のオーナーである祖父がちょっと前に亡くなったらしい。そしてその孫娘が跡をを継いだんです。
小さい頃からおじいちゃんっ子で、いつもこの雀荘に学校終わりに遊びに来ていたようです。そんな親しみのある場所だからこそ、祖父の跡を継いだらしい。ここに通う常連さん達の助けもかなりあったらしいです。
今は料金プランの見直しなども含めて、より良くしていきたいと語ってました。
そしてもちろん健康麻雀はお年寄りが多いわけですが、じいちゃんばあちゃん達に囲まれて、まさに孫みたいに扱われていて雰囲気は明るくてよかったです。
本人はまだ麻雀をしっかり勉強を始めて1ヶ月くらいらしいけれど、先述のように先代オーナーからの常連さん達がお店のスタッフのようにサポートしくれていました(^^)
開店してからは丁度7年程になるらしいけど、それであのおねーさんが子供の頃ってことは、まさかまだ20歳とか21歳なのか?
システムなどはざっとこんな感じ
・営業時間は9時から15時半
・初回無料
・次回からは1日1,080円
・アリアリ
・各卓でタイミングをみてお昼をとり雑談
(併設のスーパーに食事をとるところは沢山あります)
お昼の休憩時間には雀荘巡りをしていることを話したりしながら、楽しくオーナーのおねーさん含めて団らんしてました。ちなみに、東京の世田谷から朝5時半に起きてやって来たといったら驚かれました(笑)
同卓したのは
じーちゃん
じーちゃん
ばーちゃん
1着→2着→2着→2着→4着
1-3-0-1
楽しく打てました。
土浦健康麻雀とともに、このいばらき健康麻雀友の会もいつかまた来てみたいな。
この雀荘のオーナーのおねーちゃんは、おそらく今まで出会って来たなかでは間違いなく最年少の女性オーナー。そして実は性格が本当に控えめで可愛い。ちなみにスタッフとして手伝いに来ていたような方々も若い女性がいました。友達なのかな。
おっさんだからそういうところに目が行ってしまう(笑)
そういえば佐貫から竜ヶ崎まで乗るローカル線です。
関東鉄道

なかなか懐かしい発券機(^^)

というわけで
いばらき健康麻雀友の会  竜ヶ崎
楽しく打てました。
次回は
千葉県の茂原
に向かいました。
ではでは。
※こちらのコンテンツも自主制作しています(^^)
 

 

 

https://free-mj.com/ 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました